薪ストーブをメンテナンスに出す場合の注意点

時間がかかることも多いので、オフシーズンに頼むのが理想的です。綺麗に掃除された状態でオフシーズンを過ごすこともできます。
掃除はもちろん、破損個所がないかもきちんと確認してくれるところにメンテナンスを頼みましょう。

薪ストーブに関するよくある質問

温度管理が大変ですか

高音になりすぎると変形や破損の原因となります。温度計を付けて一定の温度以下で使う必要があります。

経済的な薪ストーブはどんなものですか

燃焼効率のいいものが経済的です。機密性の高い完全燃焼できるものだと灰も少なく、楽にメンテナンスできます。

家の改築は必要ですか

ストーブ本体や煙突の設置ができれば改築までは必要ありませんが、家の耐久性次第では設置が難しいこともあります。

使っていると乾燥しますか

薪ストーブから熱と遠赤外線が出るので、乾燥しやすいです。薪ストーブの上でお湯を沸かすと簡単に乾燥対策ができます。

使わない時期はどうすればいいですか

掃除とメンテナンスをしてそのまま置いておきます。片づけられるものではないので、インテリアとしておいておけるデザインにしておきましょう。

オシャレな暖房器具

薪ストーブ

家電店を見回すと、ファンヒーターやエアコンなど様々な暖房器具がありますが、薪ストーブの需要が高まっています。薪ストーブはシーズンオフにメンテナンスをしなければいけない、煙突を設置しなければいけないなど面倒な作業もありますが、オシャレな見た目と機能性の高さが注目されている理由にあげられます。薪ストーブは薪を燃やす熱によって部屋を暖めるというオーソドックスなメカニズムですが、燃える炎やアンティークなフォルムによって部屋を上質の空間に変えてくれます。また、薪ストーブはオーブンとして使用できるのも特徴的です。煮込み料理を作ったり、ケーキやクッキーを焼いたり、暖を取りながら美味しい料理やお菓子を完成することができます。

日々のお手入れ方法

木材

薪ストーブを使用するにあたり、メンテナンスは欠かせません。日々のメンテナンスとしては、ガスケットの掃除や灰の処理、ガラスの清掃などがあげられます。ガスケットは薪ストーブのガラス窓とドアを密着させる役割を担っており、密着していなければ火力の調節も行えません。燃えカスなどが貯まらないように、日頃からきれいに掃除する必要があります。その時に、ガラスもきれいに拭いておくと良いでしょう。また、灰が貯まると燃焼力が落ちるため、きちんと吸い取っておく必要があります。

広告募集中